今、白めのファンデーションが売れているそうです!

本来、ファンデーションを付ける意味としては、肌の色ムラをファンデーションでカバーしていたのが目的の1つでした。表情筋ケアにも良いでしょう。

ここ最近のファンデーションの意味合いとしては、光の反射を利用して色ムラをカバーする、という考え方に変わってきたそうです。

光の反射を重視してファンデーションを塗るのであれば、肌の色と合わせる事は考えなくてもいいのかもしれません。



極端な色合いの違いはマズいですが、近似色で微分に色が白めの物を使うと、肌の透明感を自然に出す事ができるようになります。

自分の肌より、ほんの少しだけ明るい色を塗ると、ふわっと軽く可愛らしいお顔の印象になります。



お顔全体を白めにしなくても、お顔の中心部分のみを白めに塗ってあげると、小顔効果を発揮させてくれる事ができます。



白めのファンデーションは、使い方によってとても良い効果を発してくれます。

いつもお使いのメイクに1つ加えてみたらどうでしょうか。

今、白めのファンデーションが売れているそうです!

白めのファンデーションを肌に乗せる場合は、保湿クリームの色も重要となっていきます。

透明感を出したい事が目標なので、より透明感が出る様な下地を選んで使いましょう。



下地は、白くなり過ぎない、ナチュラルなカラーを選ぶと良いでしょう。

白っぽい物ではなく、実際に肌に近い色を選ぶと、次に塗る白めのファンデーションが、白浮きしなく綺麗に馴染ませる事ができます。



パールが入っている下地ですと、白めのリキッドファンデーション ブラシに強い輝きが出てしまうので、極力避けた方が良いでしょう。



下地は、極力薄くのばすようにしましょう。

指やスポンジで均等に、ムラを無くのばして付けてあげると、その後のファンデーションにムラが無くなり、綺麗な肌色にする事ができます。

白めのファンデーションを使う時のベースについて

白めのファンデーションは、肌に馴染ませた時に肌が透ける様なファンデーションを選びましょう。

白浮きしなく、綺麗に付ける事ができます。

白めのファンデーションだったら、カバー力が薄いのでは?と思われる方は、光の反射効果のあるファンデーションを使うと、肌の色ムラが目立ちませんよ。



白めのファンデーションは、色合いが薄めだからこそ、あまりゴテゴテと厚めに塗ると、とてもかっこ悪いです。

出来るだけ薄付きにするようにし、スポンジでしたら少量ずつ付けるようにし、ファンデーションブラシを使って薄付きしてあげるのも、良いでしょう。

白めのファンデーションの選び方

ファンデーションは、頬の顔の中央から乗せていくと、上手く全体に乗せやすくなります。

スポンジやファンデーションブラシで、叩きこむように肌に入れていきましょう。

頬の中心から内側へのばし、頬の内側へのばしてあげ、頬を完成させます。



その後、フェイスラインの方向へぼかしていきます。

顔の際の方向にぼかして入れてあげる事により、ふんわりとした透明感のある肌を作り上げる事ができます。



次に目や鼻、口の方向に、薄くのばしてあげます。

この3か所は、普段良く動かす場所なので、動きが多い分メイクがヨレやすくなります。

薄付きに綺麗にのばしてあげて、決して厚塗りにならなくする事が、ナチュラルで透明感のある肌を作り出すポイントとなります。